水谷豊と伊藤蘭の娘の趣里(しゅり)は二世でも実力はすごい!2023朝ドラヒロイン抜擢の理由は?

エンタメ

女優の趣里さんが2023年下半期のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに決まりました。
そんな趣里さんとは、どのような女優だったというのでしょうか。

趣里さんの両親は、俳優の水谷豊さんと元キャンディーズの伊藤蘭さんです。

とはいえ、けっして親の7光りではなく、実力派女優だったのです。

そこで、この記事では、趣里さんがこれまでに出演してきたドラマや、プロフィールについて、調べてみました。

それでは、さっそく、ご覧ください。

スポンサーリンク




趣里の家族は?

趣里さんは、これまでに多数の実績のある実力派女優です。

父親の水谷豊さんは、1952年7月14日、北海道出身で、2022年10月現在の年齢は70歳。

出典:日本タレント名鑑

1978年に、ドラマ『熱中時代(教師編)』で主演して人気俳優となりました。

それ以降も、ドラマ『相棒』に杉下右京役で主演して、一貫して第一線で活躍し続けています。

母親の伊藤蘭さんは、1955年1月13日、東京都出身で、2022年10月現在の年齢は67歳。

伊藤蘭

出典:日本タレント名鑑

1972年に、田中好子さん、藤村美樹さんといっしょに、キャンディーズを結成しました。

そしてシングル「年下の男の子」が大ヒットし、一躍、トップアイドルに。

1977年に、キャンディーズは解散しますが、ここで伊藤蘭さんは、普通の女の子に戻りたいと発言し、話題になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤蘭(@ranito_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤蘭(@ranito_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤蘭(@ranito_official)がシェアした投稿

伊藤蘭さんのインスタグラムには、たびたび趣里さんが載っています。親子の仲もとても良さそうですね。

このような家庭に生まれたのであれば、趣里さんの才能にも納得ですね。

スポンサーリンク




趣里が朝ドラヒロインに選ばれた理由は?

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに、2400人余りの中からオーディションで選ばれた趣里さん。

NHK連続テレビ小説といえば、人気女優の登竜門といわれるなか、ある程度有名な女優がオファーで決まったり、オーディションをしても、やはり有名な人が選ばれることが多くなっていました。

そんななか、趣里さんは実力はあるものの、だれでも知っている女優ではないため、どうして選ばれたのかは気になるところ。

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』は、笠置シヅ子さんを主人公のモデルにした作品。

「東京ブギウギ」という曲は、カバーしている歌手も多く、若い人でも知っている人は多いんじゃないでしょうか。

『ブギウギ』は歌って踊るのが好きな大阪育ちの花田鈴子が、やがてブギの女王と呼ばれるようになるというストーリーです。

NHKサイドによれば、『ブギウギ』では劇中で出てくる歌や踊りがポイントになったとのこと。

ここは作品の性格上、不可欠な部分だったものの、すばらしく艶やかで華やかだったというのでした。

NHKサイドが求めていたヒロインの姿にフィットしたというのですね。

ここまで絶賛されていた以上、趣里さんはきっと期待に応えてくれるに違いありません。

4度目の朝ドラヒロインオーディションへの挑戦で勝ち取った主役は、趣里さん本人も並々ならぬ意気込みで演じてくれるでしょう。

スポンサーリンク





趣里の出演作品は?

趣里さんの女優デビューは二十歳の時でした。

2011年(20歳)『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』

2011年に放送されたドラマ『3年B組金八先生』の最終回。

趣里さんは、柴崎茜役で出演しました。

長寿番組のフィナーレということで多くの視聴者の涙を誘いました。

 

2016年(25歳)NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では、父親不在の家庭で母親と妹を助ける高畑充希さん演じる小橋常子が主人公で、彼女がやがて出版社を説立して活躍するさまが描かれます。

趣里さんは、大塚寿美子役で出演して、存在感を発揮し、女優キャリアにつながりました。

 

2022年(31歳)『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』

DCU〜手錠を持ったダイバー〜』は、海上保安庁の水中における事件事故を捜査する専門家集団であるDCUの活躍を描くミステリー。

趣里さんは、神田瑠璃役で出演して、一等海上保安士としてのたしかな働きを見せ、評判をあげることになりました。

スポンサーリンク




趣里プロフィール

  • 生年月日 1990年9月21日(2022年10月現在32歳)
  • 出身地 東京都
  • 学歴 日本大学芸術学部演劇学科中退

2011年、ドラマ『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』に出演したことによって、女優デビューをはたしました。

2016年には、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演して、話題に。

2018年には、映画『生きてるだけで、愛。』に主演して、演技力が高く評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

2022年には、『ホリック xxxHOLiC』、『流浪の月』、『もっと超越した所へ。』など、たくさんの話題の映画に出演しました。

そして2023年には、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインを務めることが決まっています。

芸能界の大変さがよくわかるご両親は、同じ道を進む娘がとても心配だったのではないかと思います。

そんな中、こんな大役に抜擢されとても喜んでいることでしょうね。

スポンサーリンク





まとめ

ということで、この記事では、趣里さんについて、まとめてきました。

両親は水谷豊さんと伊藤蘭さんながらも、数々の有名な作品に出演して、実力でここまで来たのは、すばらしい限りです。

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに決まったのも、納得というものでしょう。

今後もますますのすばらしい演技を見せてくれるに違いありません。

そんな趣里さんのNHK連続テレビ小説『ブギウギ』における活躍にも期待したいものですね。

スポンサーリンク




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました